数学道場、総合案内
line decor
 
line decor
日本文学編に戻る
名曲を聴きながら
名作を読んでください
line decor
読書感想文
 
アーネスト・サトウ「一外交官の見た明治維新」を読む

 幕末から明治維新にかけての動乱をつぶさに見た外国人といえば私は躊躇なくアーネスト・サトウをあげる。アーネスト・サトウは日系人みたいな名前であるが生粋のイギリス人であり外交官である。その仕事は主に通訳であった。サトウは若くして日本に来て、必死の思いで日本語を習得し、日本との交渉の際には通訳官として席についた。サトウは歴史が大きく変わっていくのをその目で確かに見た生き証人であった。

 「一外交官の見た明治維新」はアーネスト・サトウが1862(文久2)年に江戸に来て、1869(明治2)年にイギリスに帰国するまでの回想録である。一読して、この回想録が超一級資料であることがわかる。
 また、この回想録を読んで、私は一つの謎が解けた思いがした。その謎とは1902年に結んだ日英同盟のことである。日英同盟はイギリスにとって初めての同盟条約である。当時の世界の超大国のイギリスが何故アジアの新興の小国と対等の同盟関係を結んだのか。歴史の教科書にはロシアの南下政策に対して2国の利害が一致したと書かれているが、それはあくまで表面的なことでその理由の淵源は意外にも幕末・明治維新のときのイギリスと日本との交友があったからではないかとこの回想録は示唆してくれる。実際、イギリスは清とは同盟関係どころか半ば植民地化している。イギリスは過去の経験から日本を同盟国にするにふさわしい国だと評価していたのであろう。イギリスのトップ層にそう評価させるに「一外交官の見た明治維新」は大きな役割を果たしたと思う。
 それにしてもこの回想録に書かれたサトウの体験談はそれが真実である故にその体験はそのまま歴史的事実になっている。
 1862年から1869年は幕末・明治維新の中心になる時期である。外交政策で見ると、狂気といえるような攘夷行動から180度転回した開国政策へと移っていく時期でもある。サトウが日本に来た当初、彼ら外国人を悩ませたのが外国人に対するテロであった。血気盛んな攘夷思想の人間が見境なく外国人を襲ったのである。たくさんの外国人が殺された。サトウも何回か災難に会いそうになった。
 この回想録には攘夷思想と外国との衝突による顕著な戦争すなわち、生麦事件から派生した薩英戦争と長州と四国連合艦隊の戦争のことが事細かく記述されている。この2つの戦争の結果は薩摩・長州の外交政策を劇的に変化せしめ、そしてその2藩を倒幕へと向かわせた。
 サトウは当時の日本を代表する指導者(すなわち歴史上有名な人たち)たちと頻繁に会見している。明治天皇を始めとした西郷隆盛・大久保利通・木戸孝允・伊藤俊輔らの薩長の要人たちだけでなく、彼らと対峙する幕府の徳川慶喜・勝海舟とも会見している。特に勝海舟との会見の記述は興味深い。勝は幕府の情報を惜しげもなくサトウに流している。それは幕府を支援しようとするフランスに対する牽制であったことがよくわかる。勝はそれぞれ外国を後ろ盾にした官軍と幕府との内乱を極度に恐れていた。イギリスはそのことを重々承知していた。イギリスは万国公法を遵守しつねに中立を守った。そして他の外国も英国に倣って中立を守ったのである。この外国の中立は勝だけでなく、他の指導者たちが何よりも望んだことである。幕末・明治維新を通して日本が独立国として世界に認知されたのは、欧米の中立政策が大きな要因であったことは疑いない。そのために勝・西郷らは獅子奮迅の働きをしたのである。

 私はこの回想録を読んで、イギリスの外交官たちが日本を遅れているが民度の高い国だと評価しているのに気付いた。イギリス人にとって日本人は礼儀正しくそして信用できる民族と写ったのであろう。イギリス人は日本人を紳士と認めたのかもしれない。
 サトウが日本にいたのは約7年であるが、サトウは日本を第二の故郷のように見ているのがわかる。この回想録の最後、サトウがイギリス本国に帰るとき、船の中で、横浜の港が遠ざかっていくのを見て涙を流す記述がある。サトウの青春はある意味日本で完全燃焼されたのかもしれない。
 「一外交官の見た明治維新」は幕末・明治維新において外国とりわけイギリスの役割がいかに大きな意味をもっていたかを再認識させてくれる最高の回想録である。歴史好きにはたまらない書でもある。

 
作文道場アーネスト・サトウ
(1843年- 1929)。ロンドンで生まれ。
イギリスの外交官。英国公使館の通訳。駐日英国公使、駐清公使を務めた。
読本プレゼント
line decor
株式会社河野 株式会社河野 Net個人指導道場
Copyright © 2007-2010 KOHNO.Corp All Rights Reserved.