数学道場、総合案内
line decor
 
line decor
日本文学編に戻る
名曲を聴きながら
名作を読んでください
line decor
読書感想文
 
泉鏡花「高野聖(こうやひじり)」を読む

番町 文人通りの地図 名作といわれているものは、それぞれが個性豊かな読みごたえのあるものだが、中にはこれぞまさしく天才の作品だというものがある。さしずめ泉鏡花の「高野聖」はその類の作品の筆頭であろう。
 大学生の頃、「高野聖」を初めて読んだときはあまり感動しなかった。怪談めいた怪異譚ぐらいにしか思わなかった。まだ、「高野聖」の文体を熟読玩味する力がなかったのかもしれない。まだまだあのリズミカルな語りの文体についていけなかったのだ。それから、十年おきぐらいに読み直した。十年もたつとこちらもだいぶ読解力がついたのか、「高野聖」がだんだん味わい深いものになっていった。

 今回、「高野聖」を再読して、私は思わず唸ってしまった。この作品こそ鏡花によって彫琢されてできあがった最高の芸術作品であるという感を強くした。
 何が見事といって、まず、物語を語る高野の旅僧の語り口で、僧の息遣いまでこちらに聞こえてくる。思わず、読者である私も聞き入ってしまい、実際にはありえない異境の世界へすっと入り込んでしまう。
 このすっと異境の世界に入り込んでしまう感覚をどこかで味わった記憶が蘇った。どこであったか。そうだ、「今昔物語」であった。ある山里の洞穴にはいるとそこは桃源郷であった。私は何の抵抗もなく、桃源郷に足を踏み入れたのである。「今昔物語」も見事な語りである。「高野聖」の語りと、「今昔物語」の語りとどこか通ずるものがあるのか。 「高野聖」はある高野の僧が飛騨の山越えをしたときの不思議な体験を、寝物語に語ったものである。のちに、この高野の僧は宗門名誉の説教師で、六明寺の宗朝という大和尚であったことがわかるが。
 僧は、魑魅魍魎(ちみもうりょう)たちが住んでいそうな昼なお薄暗い鬱蒼とした森の中をすすむうちに一軒の山家(やまが)の前に来た。そこに着くまでには僧は不気味な生き物に悩ませられる。蛇、毛虫、蛭(ひる)などに襲われた。人が訪れる気配のない森の中の一軒家。そこには不思議な夫婦が住んでいる。亭主は少年らしいが、白痴で、その風貌は化け物じみている。
 <足は忘れたか投出した、腰がなくば暖簾(のれん)を立てたように畳まれそうな、年紀がそれでいて二十二、三、口をあんぐりやった上唇で巻込めよう、鼻の低さ、出額(でびたい)。五分刈りの伸びたのが前は鶏冠(とさか)の如くになって、頸脚(えりあし)は撥(は)ねて耳に被った、唖(おし)か、白痴(ばか)か、これから蛙になろうとするような少年。>
 逆に妻はびっくりするぐらいに色香ただよう美人。本人はもうおばさんですよというが、娘のように見える。その美人が僧を風呂代わりに川へ連れていく。そこで、女は米をとぐのだが、それが終わると、僧の体を水で流してやり、そして自らも裸となって水浴びをする。
 さすがの僧も煩悩の世界に迷い込みそうになる。女にはいろいろな動物たちが近寄ってきた。大蝙蝠(こうもり)、猿、蟇(ひき)などである。実は、それらはもとは人間で、女の魔力によって、そのような姿にされたのであった。女は人間を他の動物へと変身さしてしまう魔力をもっていたのだ。
 信州へと飛騨越えをするとき、僧は一人の旅商人と出会う。その商人は富山の薬売りである。薬売りは僧より一足先に森の中に入り、女の住む山家に来た。僧が女の家に来たときには、薬売りは馬になっていた。その馬は、市場へ連れて行かれて売られた。
 僧も薬売りと同じように牛か馬か猿か蟇か蝙蝠に変えられるところだった。なぜ変えられなかったのか。僧には煩悩がなかったからである。薬売りは煩悩の塊であった。
 絶世の美女と片輪の白痴と俗を超えた高野の僧の摩訶不思議な物語である。白痴はうまく話はできないが、歌は大変うまい。
 <木曾の御嶽山(おんたけさん)は夏でも寒い、袷遣(あわせや)りたや足袋(たび)添えて。>
 この清らかな涼しい声は一体どこからくるのだろうか。

 はたして、この「高野聖」の主題は何なのだろう。鏡花はこの作品で何をいいたかったのか。この問いが馬鹿げてきこえるほど、この作品は妖艶な世界を描いている芸術作品なのである。
 この作品は傍(はた)からとやかく論ずべきものではない。とにかく読んでじっくり味わうものである。
 私もこれからあと何回も何回もこの作品を読み続けるであろう。

※:写真は、千代田区番町にある文人通りの案内図です。泉鏡花の住居の周りには有島武郎・有島生馬・里見ク兄弟、菊池寛、直木三十五らの住居がありました。

 
泉鏡花「婦系図(おんなけいず)」を読む

湯島天神 泉鏡花筆塚 <別れろ切れろは芸者のときにいう言葉。私には死ねとおっしゃってくださいな>は、「婦系図」の名セリフである。ただ、このセリフはあくまでも演劇・映画の中だけのもので、実際には、泉鏡花原作の「婦系図」にはない。
 「婦系図」は小説より先に演劇で有名になった作品である。ほとんどの人は「婦系図」というと湯島を思い出すらしい。
 泉鏡花は芸者の桃太郎と同棲をした。このことを知った師匠の尾崎紅葉は激怒した。紅葉は2人の仲を割こうとした。鏡花は泣く泣く桃太郎と別れた。紅葉の死後、鏡花と桃太郎は正式に結婚した。
 紅葉と鏡花は5歳違いでしかなかったが、鏡花は紅葉に対しては絶対服従であった。紅葉は鏡花の才能を深く愛し、厳しく鏡花を指導した。紅葉は鏡花の書いた作品を自ら添削し、朱を入れた。鏡花は日本の近代文学史上で燦然と輝く大作家である。紅葉がいなければ間違いなくこの大作家は生まれなかったであろう。鏡花にとって紅葉は親以上の存在であった。
 「婦系図」は桃太郎との同棲を巡って鏡花と紅葉の葛藤を描いた作品というのが半ば通説となっているが、それはあくまでも構図的なことで、鏡花が本当に描きたかったのは別のところにある。
 「婦系図」の文はテンポがよく味わい深い。鏡花の作品を読むたびに思うのだが、鏡花はやはり天才だとつくづく思う。

 「婦系図」の主人公は文学士・早瀬主税(ちから)である。早瀬は有名なドイツ文学者酒井俊蔵の弟子である。早瀬は酒井に拾われて、長らく酒井の家に書生として住み込んでいた。
 物語の始まるとき、早瀬は独立し、酒井の家を出ており、別に住まいを構えていた。早瀬は柳橋の芸者の蔦吉と密かに夫婦になっていた。師の酒井は早瀬と蔦吉の関係を知って早瀬に別れるように命じた。だが、早瀬はなかなか別れられなかった。
 酒井には妙子という一人娘がいた。早瀬と妙子は長い間同じ屋根の下で暮らしていたのである。妙子に縁談の話がきた。相手は河野英吉という文学士で早瀬の友人でもあった。 英吉の実家は静岡で大きな病院を経営していた。英吉はいわゆる上流階級に属する人間であった。英吉の母親は早瀬に、酒井への口利きを頼み、そして正式な仲人をたてて、酒井に妙子との結婚を申し入れた。
 酒井は英吉との結婚を諒承した。ただし、条件があった。妙子が慕う早瀬が納得するという条件である。酒井は、早瀬と妙子が結婚することを望んでいたのである。
 早瀬は妙子と英吉との結婚を承諾せず、蔦吉と別れて東京の家を引き払い、英吉の実家がある静岡に移った。そこで、英吉の妹菅子と知り合い、菅子の援助を得てドイツ語の塾を開いた。菅子は早瀬に兄英吉と妙子との結婚を許可するよう迫った。
 静岡に住んでいるうちに早瀬は河野家の実態がわかった。英吉の父英臣は金と名誉のためなら平気で資産家に娘を嫁がせるような人物で、娘の気持ちなどさらさら斟酌しなかった。英臣は閨閥を拡大する野心しか持っていなかった。英吉が名士である酒井の娘と結婚することは願ったり叶ったりであった。
 早瀬は菅子と関係をもち、菅子の実の姉とも関係をもった。物語の最後、早瀬は英臣を責めた。このとき、初めて早瀬は自分の素性を明かした。早瀬は隼(はやぶさ)の力(りき)という掏摸(すり)であった。早瀬は英臣の非人間性を暴き、英臣に制裁を加えようとした。英臣はピストルで自殺した。
 蔦吉は重い病に罹り東京で死んだ。

 物語の最後、話は急展開していくが、鏡花の恋愛観が出ていて興味深い。鏡花は結婚とは心から好き合った者同士がするもので、金や名誉のためにするものでないといいたかったようである。

※:写真は、湯島天神にある泉鏡花の筆塚です。

日暮里にある羽二重団子屋

※:写真は、日暮里にある羽二重団子屋です。

羽二重団子屋にある案内板

※:写真は、羽二重団子屋にある案内板です。

雑司が谷霊園にある泉鏡花の墓所

※;写真は、雑司が谷霊園にある泉鏡花の墓所です。

作文道場泉 鏡花(いずみ きょうか)
1873年(明治6年)11月4日 - 1939年(昭和14年)9月7日)。
小説家、戯曲・俳句も手がけた。本名、鏡太郎。金沢市下新町生れ。
読本プレゼント
line decor
株式会社河野 株式会社河野 Net個人指導道場
Copyright © 2007-2016 KOHNO.Corp All Rights Reserved.