数学道場、総合案内
line decor
 
line decor
日本文学編に戻る
名曲を聴きながら
名作を読んでください
line decor
読書感想文
 
三島由紀夫「若きサムライのために」を読む

大森 三島由紀夫邸 中国・韓国との領土問題に日本は揺れている。特に、中国はいろいろと汚い手で日本に嫌がらせをしてくる。日本政府は中国とは領土問題は存在しないという公式的な声明を発しているが、尖閣諸島はあきらかに領土問題ではないのか。領土問題が存在しないというなら、尖閣諸島は明確に日本のものだから、尖閣諸島に港や灯台を作っても、ましてや人が住んでも問題ないはずである。ところが、歴代の政権は尖閣諸島には何もしてこなかった。中国のことを気にしながら、領土問題は存在しないとは論理矛盾である。
 戦後67年間、日本は一度たりとも戦争の影に怯えることはなかったが、今回の領土問題で、日本は戦後初めて戦争の可能性を認識したのではないのか。日本人は戦後、戦争は悪であると教えられてきた。平和憲法を押し付けたアメリカは国益のためには平気で戦争をやり、原爆も落とす。日本では、戦争を肯定することは大きなタブーである。日本人はいつしか、平和的に戦争は回避できると思い込むようになった。少なくとも、話し合いで、日本は戦争を回避できると信じるようになったのだ。核などなくても、平和は維持できるとも思っている。
 はたして本当に戦争は回避できるのであろうか。世界には、話し合いができないという国が存在することを、はからずも今回の領土問題は証明してくれた。日本が戦争をしなくても、しかけてくる国が厳然と存在するのである。おもしろいことに、あれだけ戦争反対と声高にいっていたマスコミの論調が以前とは変わってきた。マスコミは中国・韓国に同調しなくなった。
 考えてみれば、戦争反対の声が最も大きくなったのは1970(昭和45年)の安保闘争の頃であった。あのときは、東大の学生を筆頭とする全共闘が、戦争に巻き込まれるからという理由で、日米安保条約の破棄と自衛隊の解体を叫んだ。この要求が可能だったのは、日本が絶対に戦争をしないという安心があったからではないのか。マスコミは軍備増強を強く反対したが、戦争を肯定し、軍事力を増強せよといった大作家がいた。三島由紀夫である。

 「若きサムライのために」は、昭和44年(すなわち三島の死の一年前)に発行されたエッセー・対談を纏めた本である。
 私は中国で反日デモが起こったときから、無性に三島の作品が読みたくなった。特に、三島の生の意見を聞きたかった。なぜなら、三島はつねづね中国が攻めてくるといっていたからである。
この本は小説と違って、三島がわかりやすくかつ直截的に意見を述べている。私は三島の生の声を聞く思いがした。
 特に感銘したのは、シェイクスピアの翻訳では第一人者の福田恒存との対談「文武両道と死の哲学」で語られている<守るためには命を捨ててもいいという観念>ということである。三島はよく命よりも大切なものがあるといっていた。今思えば、三島は命より大切なものがあることを訴えたくて自決をしたのではないかとさえ思う。
 日本の教育では、命より大切なものがあるという概念は真っ先に否定されるものである。だが、私は素直に否定することはできない。三島の<死>から40年以上たっても三島の作品が生きているのは、命に代えても守るべき本当に大切なものの存在を多くの日本人が無意識のうちに感じているからであると思われる。
 三島は古典を読まない文化人を嫌い、日本の文化・伝統を否定しておきながら、お茶漬けを好む日本人を嫌悪した。文化・伝統・歴史を踏みにじられても、命大事に、守るべきものを守らないことに三島は痛憤し、警鐘を鳴らしているのである。

 今年の夏、馬込にある三島の家を見に行った。今では誰も住んでいない家であるが、門には<三島由紀夫>という表札がかかっていた。三島の提起した問題を真剣に考える時期に日本はきているのではないかと、私は三島の家を見ながらつくづく思った。

 
作文道場三島由紀夫(みしまゆきお)
 1925年 - 1970年。東京生れ。本名、平岡公威(ひらおかきみたけ)。'47(昭和22)年東大法学部を卒業後、大蔵省にきんむするも9ヶ月で退職。執筆生活に入る。'49年、最初の書き下ろし長編『仮面の告白』を刊行、作家としての地位を確立。主な著書に'54年『潮騒』(新潮社文学賞)、'56年『金閣寺』(読売文学賞)、'65年『サド侯爵夫人』(芸術祭賞)等、'70年11月25日、『豊饒の海』第四巻「天人五哀」の最終回原稿を書き上げた後、自衛隊市ヶ谷駐屯地で自決・ミシマ文学は諸外国語に翻訳され、全世界で愛読される。<新潮文庫「午後の曳航」より引用。>
読本プレゼント
line decor
株式会社河野 株式会社河野 Net個人指導道場
Copyright © 2007-2016 KOHNO.Corp All Rights Reserved.