数学道場、総合案内
line decor
 
line decor
日本文学編に戻る
名曲を聴きながら
名作を読んでください
line decor
読書感想文
 
新渡戸稲造「武士道(ぶしどう)」を読む
石川啄木の詩碑

  1902年の日英同盟は日本にとっては画期的であった。当時の英国は世界の覇権国であり、超大国であった。その超大国がいくらロシアに対して共通の利害があるからといって、東洋の開国して間もない小国と同盟を結ぶであろうか。まして、英国はそれまでどの国とも同盟を結んでいなかった。日本にとってはたいへん名誉なことであった。
 英国が日本の後ろ盾になったおかげで、日本は世界的に信用がつき、いろいろな面で恩恵を蒙ることになった。日本が日露戦争に勝利した1つの理由が日英同盟にあったことは論を俟たないことであろう。
 私は、日露戦争に思いを致すときはいつもなぜあの英国が日本と同盟を結んだのかと考えた。私は新渡戸稲造の「武士道」を読んで、武士道があったからこそ英国は日本と同盟を結んだのではないかと思うようになった。そもそもそのときには廃れていただろうが英国も騎士道の国ではなかったではないか。

 現在、日本人は真の国際人を目指さなければならないと喧しい。国際人、国際人というが、耳をすましてよく聞いてみると、英語が話せるのを国際人というらしい。はたしてそのような国際人たちは武士道について外国人にうまく説明できるであろうか。それ以上に彼ら自身武士道とは何かを理解しているのだろうか。
 考えてみれば武士道という言葉ほど人口に膾炙していて、それに反比例するようにその意味が理解されていない言葉は他にはないと思われる。武士道には仏教におけるお経、キリスト教における聖書のようなものはない。いわゆる教義がないのである。
 武士道といえば佐賀鍋島藩士山本常朝(1659〜1719)の「葉隠れ」の「武士道と云ふは死ぬ事と見付けたり」を挙げて、切腹することが武士道だと錯覚している人もいるかもしれない。「葉隠れ」の信奉者の三島由紀夫のあの腹切りがこの考えに拍車をかけているのだろうか。
 一体武士道とは何なのか。この素朴でかつ重要な疑問に答えてくれるのが新渡戸稲造の「武士道」である。
 新渡戸は少し前まで5000円札の顔になった人である。1862年、南部藩勘定奉行の子として生まれ、札幌農学校、東京大学で勉強し、そしてアメリカへと留学した。アメリカから帰国後、第一高等学校の校長、東京帝国大学の教授を歴任し、そして初代の東京女子大学の学長も勤めた。新渡戸は明治・大正・昭和を通じての偉大なる教育者であったのである。
 「武士道」は、新渡戸がアメリカにいるときに英文で書かれたものである。書いた動機は、ベルギーの法政学のある大家から宗教がない日本は道徳教育はどうしているかと尋ねられたからだ。確かに日本にはキリスト教のように、国民の行動の規範になるような宗教はなかった。だが、日本人は道徳観が強く、そして礼儀正しいと西洋人から見られていた。また、日清戦争の勝利などもあり、日本人は勇敢な民族であるとも思われていた。
 新渡戸は西洋人に対して「日本人とは何か」という意味で、武士道について書いたに違いない。

 「武士道」は17章からなっている。17章のタイトルは次のようになっている。

第1章 道徳体系としての武士道
第2章 武士道の淵源 
第3章 義または正義
第4章 勇気・敢為堅忍の精神
第5章 仁・惻隠(そくいん)の心
第6章 礼儀
第7章 真実および誠実
第8章 名誉
第9章 忠義
第10章 武士の教育および訓練
第11章 克己
第12章 切腹および敵討ち
第13章 刀・武士の魂
第14章 婦人の教育と地位
第15章 武士道の感化
第16章 武士道はなお生きられるか
第17章 武士道の将来

 私はこの「武士道」を読んで、「武士道とは死ぬことと見付けたり」とは全く思わなかった。逆に、「武士道とは使命をもって精一杯生き抜くための心のあり方」だと思った。「武士道」は間違いなく武士道に対しての偏見を打ち砕いてくれるはずである。
 それにしても私は新渡戸の教養の広さ・深さに畏れいった。新渡戸みたいな人を本当の教養人そして知識人というのであろう。宗教・歴史・哲学・文学など幅広く深い知識を駆使して武士道について説明するその論理は見事の一言に尽きる。
 私は「武士道」を読んで、「人を思いやる」ことも武士道の重要な要素の1つだと思った。

 (写真:盛岡(不来方)城跡に建っている石川啄木の詩碑。詩碑には「不来方の お城の草に 寝ころびて 空に吸はれし 十五の心」が彫られている。新渡戸はこの城跡に程近いところで生まれ育った。)

新渡戸稲造「随想録(ずいそうろく)」を読む

 戦前の教育制度では中学は5年制であった。中学の上が高等学校で、高等学校の上が大学であった。旧制の中学が現在の中・高等学校にあたり、旧制の高等学校が現在の大学にあたる。旧制においては高等学校を卒業したものは自動的に大学に入れた。現在の大学入試に相当するものは旧制においては、高等学校入試であった。
 旧制の高等学校はナンバースクールと呼ばれる第一高等学校から第八高等学校までと、地域ごとに東京高校・浦和高校・静岡高校・山口高校などがあった。その中で第一高等学校は超難関で、第一高等学校に入学することはとりもなおさずエリートの道を約束されることでもあった。
 旧制高校は専門の勉強をするのではなく、もっぱら教養科目を学習した。教養科目とは英語・独語・仏語・文学・歴史・哲学・数学・物理などの科目で、語学は非常に重要視され、ほとんどの教科書は原書が用いられた。そのため、旧制高校の学生は語学がよくできた。さらに彼らはたくさんの本を読んだ。
 旧制の高校生と現在の大学生の大きな違いの1つは、読書量の違いであろう。旧制高校の生徒たちは広くそして深く本を読み漁った。旧制高校を卒業した人たちの著作を読むと彼らの教養の深さには驚かされる。

 新渡戸稲造は第一高等学校校長を務めた人である。新渡戸は日本の近代において代表的な教養人であり、教育者であった。彼は札幌農学校出身で、専門は農業であるが、その知識は宗教・歴史・哲学・文学などあらゆる分野に及ぶ。また、新渡戸のものの見方は多面的で深い洞察力が土台となっている。
 「随想録」は新渡戸が時に感じたことを英文で記したものを、日本文に訳した随想録と、講演集から構成されている。
 随想録は身辺のこと・政治のこと・社会のこと・戦争のこと・宗教のこと・生き方のことなど内容は多岐に渡っている。そのベースになっているのは新渡戸の広く深い教養であることはいうまでもない。
 「随想録」の中で、際立って興味深いのは講演集に収められている「教育の目的」という講演である。新渡戸は教育の目的を5つに分けている。その5つとは次の通りである。

1 各自の職業によく上達すること。いわゆる職業教育。
2 道楽のために教育をする、道楽のために学問をする。
3 装飾のために学問をする。
4 真理の研究。
5 教育は言うに及ばず、また学問とは、人格を高尚にすることをもって最上の目的とす る。

 この5つの教育の目的を読むと深く考えさせられる。現在では傾向として、何のために勉強するのかの答えはすぐに実利的なものと結びつけられる。すなわち、「就職のため」「偉くなるため」「役にたつから」などである。
 実は、現代に生きるほとんどの人たちは何のために勉強をするかを真剣に考えてこなかったのである。なぜなら、新渡戸のように真剣に教育の目的を教えてくれる先生がいなかったからだ。
 本来、「〜のため」に勉強とはするものであろうか。一流企業にはいるため、医者になるため、弁護士になるため、などなどが教育の目的の主役として跋扈しているため、私たちは教育の本来の目的の存在すら知らないでいるのではなかろうか。
 ギリシャ・ローマ・実朝・道灌・論語・キリスト教・スラブ・西行・ナポレオンなどなど数え切れないほどの教養が「随想録」には詰まっている。教養が新渡戸の血と肉となっているようだ。
 「随想録」を真剣に読めば読むほど、新渡戸の人格が髣髴としてくる。新渡戸は間違いなく上の第五の目的で学問をしてきた人だと思わせてくれる。

 旧制高校の学生たちは第五の目的で学問をすることを奨励されたのだろう。旧制高校出身の人たちがどこか高尚さをもっているのも何となく頷けるのである。

多磨霊園にある新渡戸稲造像

※:写真は、多磨霊園にある新渡戸稲造像です。

新渡戸稲造旧住居跡

※:写真は、文京区小日向にある新渡戸稲造旧住居跡の案内板です。

作文道場新渡戸 稲造(にとべ いなぞう)。
1862年9月1日(文久2年8月3日) - 1933年10月15日)。
現在の岩手県盛岡市に盛岡藩士 新渡戸十次郎の三男として生まれる。 農学者、教育者。国際連盟事務次長。日本銀行券のD五千円券の肖像。
読本プレゼント
line decor
株式会社河野 株式会社河野 Net個人指導道場
Copyright © 2007-2016 KOHNO.Corp All Rights Reserved.