ZERO IN
line decor
 
line decor
はじめに
良い文章の書き方
小論文・読書感想文添削のご案内
料金表
お申し込み・お問い合わせ
Q&A
古典を読む
お気に入りに追加
読書感想文アーカイブス
ブログ「名作を読む」に進む
ブログ「名著を読む」に進む
良い文章の書き方
作文道場編集「小論文・作文の書き方読本」プレゼント
line decor
読書は生きる力を養います。
 小論文には決まった書き方があります。その「書き方」を添削を通して指導いたします。
 小論文は、大学受験だけではなく、資格試験や入社試験にも課されます。そのため、添削の課題はニーズにおいて個別に対応いたします。
 たとえば、大学の医学部を受験する人のためには医学関係の課題をだしますが、受講者のご要望を最優先いたします。 
 「読書感想文」の学習は、「名作」を読んで、その読書感想文を書いていただきます。読書感想文は添削指導いたします。対象作品は、読書感想文アーカイブスを参照してください。
「名作」を読む
矢印
感想文を書く
矢印
添削指導

 読書感想文アーカイブスの中から1作または4作の「名作」を読んで、それぞれ原稿用紙3~5枚で読書感想文を書いていただきます。(詳しくは枚数規定を参照してください)。下記の作品は参考のために掲載しました。

  1. 夏目漱石 「坊っちゃん」
  2. 森鴎外 「雁(がん)」
  3. 島崎藤村 「破戒(はかい)」
  4. 田山花袋 「田舎教師(いなかきょうし)」
  5. 永井荷風「あめりか物語」
  6. 川端康成「雪国(ゆきぐに)」
  7. 谷崎潤一郎「春琴抄(しゅんきんしょう)」
  8. 樋口一葉「たけくらべ」
  9. 芥川龍之介 「蜘蛛(くも)の糸」「杜子春(とししゅん)」「トロッコ」3冊まとめて
  10. 太宰治 「津軽(つがる)」
  11. 伊藤左千夫「野菊(のぎく)の墓」
  12. 夏目漱石「三四郎(さんしろう)」
  13. 森鴎外「高瀬舟(たかせぶね)」
  14. 泉鏡花「高野聖(こうやひじり)」
  15. 尾崎紅葉「金色夜叉(こんじきやしゃ)」
  16. 幸田露伴「五重塔(ごじゅうのとう)」
  17. 有島武郎「或る女(あるおんな)」
  18. 国木田独歩「武蔵野(むさしの)」「忘れえぬ人々」
  19. 徳富蘆花「不如帰(ほととぎす)」
  20. 二葉亭四迷「浮雲(うきぐも)」
  21. 志賀直哉 「暗夜行路(あんやこうろ)」
  22. 正岡子規「病牀六尺(びょうしょうろくしゃく)」
  23. 中島敦「山月記(さんげつき)・李陵(りりょう)」
  24. 福沢諭吉「福翁自伝(ふくおうじでん)」
  25. 林芙美子「放浪記(ほうろうき)」
  26. 堀辰雄「風立ちぬ(かぜたちぬ)」
  27. 坂口安吾「二流の人(にりゅうのひと)」
  28. 菊池寛「藤十郎の恋(とうじゅうろうのこい)」
  29. 織田作之助「夫婦善哉(めおとぜんざい)」
  30. 芥川龍之介「鼻(はな)・芋粥(いもがゆ)」
  31. 谷崎潤一郎「少将滋幹の母(しょうしょうしげもとのはは)」
  32. 夏目漱石「吾輩(わがはい)は猫(ねこ)である」
  33. 森鴎外「阿部一族(あべいちぞく)」
  34. 永井荷風「墨東綺譚(ぼくとうきたん)」
  35. 太宰治「惜別(せきべつ)」
  36. 有島武郎「生まれ出づる悩み(うまれいづるなやみ)」
※:対象作品は上記の他にも多数あります。詳しくは読書感想文アーカイブスを参照してください。
※:上記の作品の感想文の例として読書感想文アーカイブスに載せています。あくまでも例ですので、これにとらわれる必要はありません。
小論文・読書感想文を書く上での心得
 読書感想文ですから,読んだときに感じたことを素直に書いてください。「人はこのようには思わないだろう」などという先入観や一般に流布されている定説などは無視して自由に書いてください。
 感想ですから、人それぞれ感じたことは千差万別です。「えっ!」と思うようなことを書いても感想文にはなります。ただし、感想文は自分以外の人に読んでもらうものです。突拍子もないことを書いても、「なるほど」と思わせればよいのですが、書いた本人だけしかわからない自家撞着な文章では感心しません。
 相手に納得させるためには、やはり論理的な文章でなければなりません。
 論理的な文章になっているかを中心に添削指導させていただきます。
送付方法・枚数規定
  1. 小論文の場合は、1000~1200字。(申込時に1回につき原稿用紙3枚、または原稿用紙3枚×回数分郵送させていただきます。)
  2. 読書感想文の場合は、400字詰原稿用紙3~5枚(1200~2000字)(申込時に回数分郵送させていただきます)
  3. ワープロ(Word)の場合は、各頁30字30行、横書きで印字し、当社宛の封筒で郵送してください。
  4. 自筆の場合は当社より送付した原稿用紙にて郵送してください。
  5. 本のご購入は各自でお買い求めてください。
  6. 送付先・送付方法などは「お申込み」ページをご覧になってください。(これらの個人情報の取扱いは、「個人情報のお取り扱いについて」に記載されている通りです。)
 
宮本常一、立花隆
line decor
株式会社河野 株式会社河野 Net個人指導道場
Copyright © 2007-2013 KOHNO.Corp All Rights Reserved.